外壁塗装やリフォームなどの現場作業には的確なチェックが必要となります。
チェックの際に大切にしているのが「職人目線ではなくお客様目線であること」です。

職人目線ばかりだと現場の作業の中には「これは仕方ない」「これはこうなるもの」などといった瞬間が出てきてしまいますが、お客様からみた「気になるもの」が大切だったりすることがあります。
常にお客様に満足していただくにはどうしたらいいのかという結果を考えた判断を行い、ゴールラインをお客様目線で考えます。
こうすることでもし万が一手直しがあった場合にもしっかり対応することができるようになります。

外壁塗装の場合
塗り圧、厚みなどのチェック。
塗り圧は見た目のムラになってくるので、塗料の種類は関係なく、その塗料の塗り圧に問題がないかなど…
上塗り、中塗り、段階段階でしっかりチェックしていきます。
これは「地元密着」だからこそ、そこに少しでも多くの時間と力をかけることが実現しました。

一宮や江南近郊で外壁塗装やリフォームのご依頼なら黒熊工房へご相談ください。